IT業界

IT業界

関東ITS健康保険組合について

健康保険組合制度

各企業のサラリーマンが加入する健康保険組合(健保組合)は、
社員700人以上の企業であれば、国の認可を受けて単独で
設立(単一健保組合)することができます。
また、3000人以上であれば、同業種の複数の企業が共同で
設立(総合健保組合)することもできます。
2008年12月1日現在の健保組合数は1497で、
そのうち総合組合は272あります。

この健康保険組合は、厚生労働省の認可のもと、財政状況等を勘案して
保険料率を一定の範囲内で設定できます。

[『関東ITS健康保険組合』は、IT業界で関東甲信越の事業所を対象に
健康保険組合を運営して、日本で有数なIT企業も加入しています。
関東ITS健康保険組合は現行の保険料率が1000分の32
(現行協会けんぽは1000分の41)と比較して非常に保険料が低い状況にあります。

※今後、協会けんぽは地域ごとに保険料を設定する方向性
 (ただし、当面激変緩和措置を実施する方針が発表されています)


関東ITS健康保険組合は、
さらに、付加給付(法律で定められて給付に上乗せがあること)
直営保養所・提携ホテル等の利用ができ、福利厚生の充実を図ることができす。

編入の結果次のような反響を過去にいただいております
《社員の声》
人間ドックが安くできるようになった。
直営保養所を安価で利用することができ、リフレッシュできた。
同じ健康保険制度に加入していて自己負担分が少なくなった

《経営者の声》
とにかく、健康保険料が下がった。
会議室などの利用することができ、社員研修の費用の節約ができた。
ちょっとした接待にも直営の飲食施設を利用できる                                       

当然、健康保険組合の編入には、
組合の審査を経て厚生労働省の認可を得る必要があります。
下記で認可要件を確認ください

http://yoyaku.its-kenpo.or.jp/kanyu/kijun.aspx

弊所では、編入申請に関しての相談等を承っています。

メールでのお問い合せ

お気軽にお問い合わせ下さい。お電話でのお問い合わせ 028-908-6177

営業エリア