医療福祉業界

医療福祉業界

介護処遇改善交付金キャリアパス要件

介護処遇改善交付金は、長期的に介護職員の確保・定着を図るために
能力、資格、経験等に応じた処遇がなされるための国が要件に従い
職員処遇の改善策として、給付を実施している制度ですが、


キャリアパス要件等を追加して、本要件を満たさない場合には
助成額を減額することになりました。

キャリアパスに関する要件

①下記の事項に該当すること
●介護職員の職位、職責又は職務内容等に応じて任用等の要件を定めている
●上記に掲げる職位、職責又は職務内容等に応じた賃金体系
(一時金の臨時的に支払われるものを除く。)について定めている
●上記について、就業規則等の明確な根拠規程を書面で整備し、
 すべての介護職員に周知している


②①により難い場合には、その旨を介護職員に周知した上で、次に掲げる
要件に該当すること。
 

介護職員の職務内容を踏まえ、介護職員と意見交換しながら資質向上のた
めの目標及びその具体的な取組みを定めている


 資質向上のための目標
 (1)利用者のニーズに応じた良質なサービスを提供するため
   介護職員が技術・能力の向上に努めること
 (2)事情所全体での資格等の取得率向上


 

適用時期
 ①届出時期 平成22年9月末日
 ②減産の適用時期 平成平成22年10月サービス分
 ③サービスの交付率×10%を減算


その他、定量的要件が加わり、減算率は最大20%になります
 

メールでのお問い合せ

お気軽にお問い合わせ下さい。お電話でのお問い合わせ 028-908-6177

営業エリア