トピックス

トピックス

人が集まる求人票の書き方3つのポイント

職安を活用した採用を成功させる為には、下記のようなポイントがあります。

1:採用したい人物像の明確化

「採用したい人物像を明らかにするなんて当たり前・・・」と思われるかもしれません。しかし、職安の求人票は文字数制限等の特有の制約があり、そのままでは求職者に対する訴求力が乏しく、本当に欲しい人材だけに響く内容にしなくてはならいのです。 「何を載せて、何を載せないのか・・・」「どの部分を魅力として伝えるのか・・・」「どのような人材を募集しているのか・・・」等、しっかりとした募集人材の明確化が重要となってくるのです。

2:求職者を引きつける求人票の文書の作成

求職者は入社する会社が、長期的に働ける環境なのか?そして安心してキャリアを積んでいけるのか?について最も関心を寄せています。つまり会社の「業績」「業務内容」「労働条件」について感心があるのです。 よく会社特徴が空欄の求人票を見かけますが、求職者側は「どのような企業理念なのか」「どんな会社なのか」を知りたいものです。 的を得ていない求人票では、賢明な求職者は、求人案件が自分に合っているのか、応募すべきなのかの判断に迷ってしまうものです。

上記の点を注意して文章を作成すれば、会社の魅力を十分に表現できます。

3:仕事内容を具体的に記載

募集内容をより具体的に記載し、求職者にアピールすることによって、「欲しい人材が募集してくる」「働きたい意思を持った人材が応募してくる」といった効果が期待できます。 職安の求人票でこれもよく見かけるものですが、「仕事の内容」欄に箇所書きで仕事内容を列挙しているケースがあります。端的に内容をお伝えしているのかもしれませんが、これだと求職者へ具体的な仕事内容が伝わりません。 例えば仕事内容に「総務事務」とだけ記載されていたら、どのように思いますか?きっと「総務事務って何をするの?」「総務事務のどこまでを求められているの?」とお思いになるでしょう?!求職者も同様なことを考えるものです。 仕事内容を記載する際は、内容の大分類だけを記載するだけではなく、その中で具体的業務内容を記載する必要があります。そうすることによって、先に記載した効果が期待できるのです。 ここまで求人票記載のポイントをお伝えさせて頂きましたが、より良い人材からの応募、採用の為には、各会社・業種毎の工夫が必要かと思います。

幣所では、人材の応募から採用までのコンサルティングサービスも行っております。採用面でもお困りなことがありましたら、お気軽にご連絡下さい。

メールでのお問い合せ

お気軽にお問い合わせ下さい。お電話でのお問い合わせ 028-908-6177

営業エリア